AEDの値段は高額|尊い命を助けられるアイテム

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 残土を適切に処理する

残土を適切に処理する

女の人

土木・建築の分野において工事により発生した残土処理は大きな課題といえます。残土といってもその中身はさまざまで、例えばコンクリート塊やアスファルト、汚泥、廃材、植物や樹木の根っ子などが混ざっていることがあります。これらは一般廃棄物または産業廃棄物に分類されるため、残土処理を行うためにはこれらを取り除く必要があります。取り除かれていない残土は、産業廃棄物に該当するため処分費用も高くなります。専門業者に産業廃棄物として残土処理も依頼する方法ことも可能ですが、大量となると多額の費用が掛かってきます。このため現場または自社で分類を行って残土処理をする方が費用を抑えることができるといったメリットがあります。

残土処理そのものは人力に近いものですが、おおまかな分類であれば大型のふるいに掛けることで短時間で処理することができます。残土をふるいに掛けることにより、それまで固まっていた土がほぐされるため、残土として処理できる土だけを取り出すことができます。また塊のものとして残ったものは、コンクリートやアスファルトといったものに分類されるのでそれらを産業廃棄物として処理することでコスト削減が可能です。残土処理を行う機械はこれまで据え置き型で大きなものが中心でしたが、近年は移動させることが可能なものもあり現場に持ち込み使用することも可能です。また残土処理のほかにも土質改善にも利用することができ、作業の効率化が出来ます。