AEDの値段は高額|尊い命を助けられるアイテム

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 安全を第一に考える

安全を第一に考える

工事現場

環境への配慮が必要

残土ふるいを使用する際に気を付けることは、まず環境への配慮が挙げられます。残土ふるいは、目的となる場所の土壌を掘り返します。そのため、さまざまな物質が混在しています。その中で、セメントや石灰質の成分には注意する必要があります。また、これらに加えアルカリ性を含んだ物質は、付近のダムや水田に影響が出ないよう処理しておく必要があります。残土ふるいの使用前には、周囲の確認を充分にしておく必要があります。周りに人がいないか確かめた上で、スイッチを作動します。周囲で作業を行う方は、残土ふるいの動きや進路に気を付ける必要があります。稼働中は、手や顔を近づけないようにすることも、求められます。残土ふるいの使用中は、安全対策のため防護服やゴーグルなどを着用することが求められます。また、粉塵や砂ぼこりなどを吸い込まないよう、気を付ける必要があります。

選別作業が可能

残土ふるいは大型機械で、工事現場や建設現場で用いられます。がれきや土砂から残土を選別するために使われます。残土ふるいには専用の網が張ってあり、取り除くべき不純物が網にかかる仕組みになっています。網の種類は現場によって使い分けがなされ、どのような大きさの不純物でも取り除けることが特徴です。分別された残土は、リサイクル製品として、肥料に生まれ変わります。購入する際は、特殊機械を扱うメーカーに依頼することが求められます。新品の他、予算に応じて中古品やレンタル品を取り寄せられる特徴もあります。残土ふるいは定期的な検査やメンテナンスが不可欠であり、業者に依頼することが求められます。常に安全に使えるよう、各種部品のチェックや清掃処理がなされます。